HOME > アイデザインレーシックについて > アイデザインレーシックが可能にしたものとは?

完全オーダーメイド

アイデザインレーシックができる事は、完全にオーダーメイドの見え方を追及できるという点です。
めがねやコンタクトは既製品で視力はアップしますが、裸眼に近い見え方は難しいでしょう。従来のレーシックでは同等の見え方まででしたが、アイデザインレーシックはそれぞれ違う角膜の歪みまで解析し、完全オーダーメイドの見え方を追及したと言う点です。殆ど裸眼に近い見え方を実感されるはずです。

矯正精度が高い

従来のレーシックと比べると矯正精度が高いタイプです。手術中はどうしても眼球が多少動いてしまいますし、光の具合などによっても瞳孔が微妙にズレてしまいます。アイデザインレーシックは眼球や瞳孔の変化に対応し、正確な位置にレーザーを照射できるのです。いくら精密な検査を行なっても、レーザーの照射位置がずれてしまえば意味がないのです。より矯正の精度を上げるためには、レーザーの照射位置や角度はとても重要となります。

このページのトップに戻る