HOME > アイデザインレーシックについて > 従来のレーシックとは違う点

眼に対する負担が軽減

レーザーによる高速フラップ作成が可能なため、眼に対する負担が軽減しています。
従来の機種と比べると照射時間が短くわずか10秒で作成が可能です。スピーディな作成のため眼の負担が少なく、視力の回復が早いという特徴を持っています。
より安全で正確にフラップを作る事ができる機種で、唯一の厚生労働省認証機器となっています。

人間が持つ本来の見え方に近い

角膜には微妙な細かい歪みがありますが、これを詳しく測定できるのがアイデザインレーシックです。
従来のレーシックと比べ5倍もの測定ポイントになり、人間が持つ本来の眼の見え方に近づける事ができます。手術中の眼球の動きにも対応しており、補正しながらレーザーを照射し精度が高くなっています。
より細かな歪みまで補正しながら視力アップできると言う事です。

このページのトップに戻る