HOME > アイデザインレーシックについて > クリニックが進める理由とは?

見え方の質が違う

アイデザインレーシックが奨められている理由の一つに、見え方が違うと言うものがあります。レーシックで単に視力アップを求めるのではなく、見え方をその方に合わせて調整すると考えておくと良いでしょう。
角膜は指紋のように一人一人形が異なっており、まずは角膜のわずかな歪みを解析する必要があります。
アイデザインレーシックは高度な機器によって、ぞれぞれの歪みを解析し、同じ1.2でも見え方が変わってくるのです。

夜間の見え方が向上

従来のレーシックでは後遺症としてハローグレアと言う症状が現れる事がありました。これらは夜間に光がにじんで見えたり、まぶしく感じられる現象です。一人一人の角膜の歪みに合わせてレーザーを照射できないと、術後の歪みによってどうしても生じてしまいます。
アイデザインレーシック個々の角膜にあわせた照射が可能となり、夜間の見え方が格段にアップしています。

このページのトップに戻る